設備等 練習時間 アクセス  入門について 段位、練習試合など 休館日  English information


設備等

シューティングジム横浜とは修斗をベースに、総合的な格闘技を学ぶ事ができる、修斗の老舗ジムです。
体力作りを目的とする人から、アマチュアの大会への出場、さらにはプロを目指す方まで、幅広い目的に合わせ練習する事ができます。
土日祝日の開館や、遅い時間の基本合同練習など、社会人の方も通いやすい環境を整備しています。
トイレ、シャワー、ロッカー、
各種ウェイト器具、約45uのマット・スペースなどがあなたの練習をサポートします。
プロ選手が直接、各種総合技術をレッスンし、プロの選手と同様の技術を身に付けて頂きます。

△このページのTOPへ


練習時間

開館時間:月火木金:19時〜22時、水曜:19時半〜22時、土曜:10時〜12時、日曜:定休日

休館日:主要なプロ修斗興行開催日、及び掲示された日

合同練習時間割:(インストラクター指導有り)

曜日
クラス

@19:00〜20:00
初心者
キックボクシング

A20:30〜21:00
初心者MMA

B21:00〜21:30
グラップリング
スパーリング

@19:30〜20:00
初心者
キックボクシング

A20:30〜21:00
初心者MMA

B21:00〜21:30
護身術

@20:30〜21:00
初心者MMA

A21:00〜21:30
フリー練習

@19:30〜20:00
MMAボクシング

A20:30〜21:00
初心者MMA

B21:00〜21:30
MMAスパーリング

@19:30〜20:00
初心者
キックボクシング

A20:30〜21:00
グラップリング

B21:00〜22:00
フリー練習

@10:30〜10:00
初心者
キックボクシング

A11:30〜12:00
初心者グラップリング

定休日


その他の時間は自由練習及び、上級者の合同練習時間となります。

【初心者はマンツーマン指導で総合の基礎から教えます】
・構え
・左右のフットワーク
・前後のフットワーク
・基本的なパンチ、キック
・タックル、投げ技受け身
・寝技のポジション
・筋肉トレーニングの仕方
 など基礎的なことを教えます。未経験者でも心配いりません。

【見学自由】上記の合同練習時間帯にお越し下さい。練習内容により見学できない場合がありますので、事前に電話で確認して下さい。

△このページのTOPへ


アクセス

住所:〒221−0842 神奈川県横浜市神奈川区泉町16−5 釜ビル 2F
TEL:045−316−3663
JR横浜駅西口から徒歩約15分、東急東横線反町駅から徒歩約7分

横浜駅から
西口に出て、三越前をそのまま駅から離れる方向に直進。
鶴屋町の交差点で歩道橋を渡る。その時、道路の左側に移動しておく。
そのまま直進、坂を登って信号を超えるとファミリーマートがあるので、
その2軒先の2F。セブンイレブンが斜め前にみえる。

反町駅から
改札を出て、前方の大きい道(国道1号。横浜新道側)を左方向(横浜方向)に直進。
道が二股に別れる所は左側、横浜駅側に進む。
電気店の手前の横断歩道を渡って、道路の右側に移動しておく。
そのまま大きい道にそって進み、日経新聞の隣りの2F。

△このページのTOPへ


入門について

中学生以上の心身ともに健康な男性であれば、どなたでも入会可能です。
それ以外の年齢の方はご相談下さい。

費用(全て消費税込み) 入会金:16,200円、月謝:10,800円(※)、スポーツ保険(年間):1,850円
  口座引落の手続きが済むまでは月謝は現金で納付して頂きます。(通常2ヶ月後から引落)
  ※初回は翌月分の月謝も必要です。

※15日以降に入会された場合は当月の月謝は5,400円になります。
※高校生:8,640円、中学生:6,480円、小学生:5,400円(小学生は親子での入会は子供料金無料!)になります。
※ロッカー代:540円。

服装:運動に適した服装(Tシャツ、スパッツなど。金具のついている物は不可。)

持参するもの:上記費用、服装、銀行通帳、及び銀行の印鑑
  各種申し込み用紙に記入して頂きます。

用具:できるだけ早く下記の用具を揃えて下さい。
マウスピース、ファールカップ、レガース、ニーパッド、パンチンググローブ、スパーリンググローブ(16Oz(オンス)が適当)等

△このページのTOPへ


段位、練習試合など

−アマチュアシューター認定試験−

シューティングジム横浜では、独自にアマチュアシューターの実力を測定する認定試験を開催しています。
試験合格者には認定証を授与し、ジム内に掲示しています。

実施時期:年3回程度

一級

二級取得後、試合で実績を残した物を試験委員会に査問し、昇格させる。
全日本アマ修斗での優勝、もしくはアマチュア大会での高い実績が必要。

二級

基本的能力を有し、さらにアマ修斗公式戦に出場可能なレベルの実力を有する者。

三級

修斗の基本技術を習得した者。また、修斗の基本理念に対する理解度、日常の態度等も考慮される。

−ジム内練習試合−

アマ修斗公式戦未満の実力の練習生が自分の実力を試せ、尚且つ公式戦に向けての練習となる ジム内練習試合を定期的に開催しています。
安全性を考慮し早めのストップをかける。実力差を出来るだけないようなマッチメイクをする。
本人が希望すれば複数の試合を組む等の特色があります。

時期:認定試験と同日

用具:アマ修斗公式戦と同等。(グローブなど全て本物を着用)

ルール:アマ修斗公式戦ルールに寝業での顔面加撃を認めたもの。

△このページのTOPへ


ジム休館予定日

△このページのTOPへ



English information

△このページのTOPへ